Interview

外部の勉強会にも参加できるので、事業所だけではない交流や刺激、学びがあります。施設長は教育に関して惜しみないので自分の成長を感じます。

- 米雅紗美 さん
/平成29年2月入社
利用者様に寄り添っていきたい。よりよい事業所にしていく為に社内での勉強会や研修に行ったりしています。
  • Q1.入社のきっかけを教えてください。

    地域の人との関わりを深めたいと思ったのがきっかけです

    前職も小規模多機能で働いていて、同じ形態で働きたいと思っていました。市原施設長に勉強会で知り合い、うちで働かないかと誘っていただき入社しました。前職で地域交流といった、地域の人との関わりを深めたいという思いがありまして、そういった話をしたことがきっかけになりました。
    元々はサロン担当で入社していまして、パン教室・バザーみたいな地域の方々を呼んでの映画鑑賞会や、体操、料理教室のお手伝いをさせていただいていました。現在はこういった活動と介護の仕事をしています。
    福祉専門学校を出て、病院、特養、小規模、と経験してきました。小規模多機能は、利用者様と距離が近く少人数で、普通のデイサービスに比べると、時間に柔軟に対応ができるのが魅力だと思います。

  • Q2.今は主にどんなお仕事をされていますか。

    利用者様の生活の手助け全般です。

    利用者様の生活の手助け全般です。夜勤:月3、4回ほど入っていて、勤務表の都合で、5回になることもあります。訪問介護も週3、4回で行っています。後は必要時にも行っています。

  • Q3.ご自身から見た職場の雰囲気を教えて下さい。

    明るく家族のように接してくださいます

    明るいです。利用者様が元気なので、利用者様から元気を頂いて仕事しています。職員の方とは勤務の都合上、あまりプライベートで会えません。ですが、たまに一緒に食事に行ったりします。
    子育てが終わった方が多いので、家族のような感じで色々と相談にのってもらうこともあり、いろいろな話を聞いていただいています。

  • Q4.辞めようと思ったことはありますか。

    辛かったことも苦しかったことも糧にして頑張っていこうと思っています

    利用者さんとの別れが絶対あるというのがきついです。また、利用者さんの体調が悪いことや、年を重ねてきて、少し前までよかったのが、急に悪くなられたり、体調を崩されたりするのを目の当たりにするのも辛いです。
    早出・遅出・夜勤もあり、利用者さんの状況も変わります。それを一人で受けるとなると、辛いと思う事もあります。
    また、人間関係の面でも、仕事の中でのやり取りの中で、意思疎通がうまくいかず、トラブルになることもあります。でも、施設長が話しを聞いてくれたり、仲間と話をして乗り越えることができました。
    勉強会に参加し、外のことも見ることはいい意味で刺激になります。研修に行って新しい知識を手に入れたり、講師の先生の話をきいたりすると、いい方向が見えてきます。辛かったことも苦しかったことも糧にして頑張っていこうと思えます。

  • Q5.今のお仕事でやりがいやモチベーションを保てる何かはありますか。

    一番は利用者様です

    一番は利用者様です。例えば認知症であったとしても、私の事を覚えててくださったり、名前は出てこないけど顔を知っていてくださると嬉しいです。利用者様に寄り添うことができるから、利用者様が好きです。

  • Q6.あなたが働く上で重要視することはなんですか。

    どれくらい学べ成長していけるのか

    利用者様に寄り添っていきたい。施設長もよくおっしゃってますし、私自身もそういうケアをしていきたいと思っています。利用者様に寄り添うことができる施設の方針、仕事内容、どれくらい学べ成長していけるのか、社内でも勉強会をしているのか、研修に行かせてもらえるか大事です。
    社内で勉強会をしていて、職員がテーマを持ち寄って、講師担当になって調べたり。テーマはその人のスキルに合わせて話がきます。外部の勉強会は認知症ケアの勉強会に参加したり、他の施設の指導者の方の勉強会に行っています。それを施設長にも応援していただいています。月に1、2回は外部勉強に行っています。休みの日や、業務中です。主に休みの日に行っています。
    最新に近い情報をインプット、それを社内でアウトプット、伝えたいことは朝礼で伝えるようにしています。

  • Q7.これから働く上でどういった仕事をしたいですか。

    小規模多機能らしい愛和にしていきたいです

    小規模多機能らしい愛和にしたいです。訪問の回数の加算なども意識して満たすケアをしていきたいです。利用者様やその家族の方とのつながりを強化したいです。

  • Q8.会社の自慢をしてくださいか。

    家庭的なところです

    愛和の自慢として施設長が栄養士の資格を持っていることが一番だとと思います。栄養面での相談ができますし、食べることに対し色々なアプローチができる。手作りしている食事を提供できるといったような、家庭的なところです。

  • Q9.施設長の自慢をしてください。

    前向きで優しい方です

    栄養士の資格を持ってらっしゃるということに加え、びっくりするくらい前向きな方です。

  • Q10.同僚の自慢をしてください。

    親子のように接してくださいます

    年代でいうと50代くらいのお母さんのような人がいるので親子のように接していただけるし、色々相談できます。調理の面で教えていただいたりと器用な人が多いです。

  • Q11.どんな人が入社されたらうれしいですか?。

    利用者様に対するケアへの思いが強い人

    小規模多機能の経験がある人、利用者様に対するケアへの思いが強い人。流れ作業はしたくないです。体力的な仕事なので、若い人がいいとは思いますが、そこは本人の頑張り次第です。利用者様の気持ちをくみ取れるような人と一緒に切磋琢磨したいです。